Calendar
2016年9月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

 

 

 

 

 

 

何か説明が入ります。

今どきの還暦祝いの仕方

数えで61歳、満で60歳を還暦と呼びます。
今どきは、60歳でもまだ若々しく働いているという人が多いので、この還暦に長寿祝いを贈ることに違和感を覚えるという人も多いでしょう。
ですが、60歳を定年としている所も多く、人生の次のステージに移る区切りになる年でもあることは確かです。
昔のように長寿祝いということではなく、新しい門出を祝うということで、皆さんでお祝いをされてはいかがでしょう。

なお、還暦の意味は、文字通り古代中国から伝わった暦、つまり干支が還ることです。
干支は十干と十二支を組み合わせたもので、60通りあります。
60年で一巡して、満60歳で0歳の時と同じ干支に戻るのです。

還暦祝いには本人が好きそうな品物を贈りましょう。
食器やキッチングッズ、インテリアや雑貨が好きな女性も多いでしょう。
干支にちなんだ物も良いでしょう。
男性にはお酒や万年筆などが良いかもしれません。
例えば釣りが好きな人にはそのグッズが良いでしょう。
誕生日かそれ以前の日に贈ってください。
昔は満60歳で0歳の時と同じ干支に戻ることにちなんで赤いちゃんちゃんこを贈っていましたが、今どきは上記のように何か本人の好みの品物を贈った方が良いでしょう。
マッサージ券、旅行券、観劇券などでも良いでしょう。

贈られた品物に対するお返しについては、基本的にしなくていいです。
どうしてもお返ししたいという人は、お赤飯、紅白餅、お菓子などを贈りましょう。

定年退職のお祝い


-緑寿の誕生-
数え年66歳、すなわち満65歳を祝う「緑寿(りょくじゅ)」…そんな長寿祝いがあったかな?と思われた方も少なくないかもしれません。それも当然。実は「緑寿」祝いの習慣が生まれたのは2002年。全国百貨店協会が提唱したことが始まりです。長寿祝いの習慣はもともと古代中国から伝わったものですが、その後日本で生まれた長寿祝いも多くあります。その中でも最も新顔が「緑寿」というわけです。しかも、行政の視点からも65歳以上が「高齢者」というくくりになっていることなどもあり、「緑寿」は長寿祝いの一覧の中に名を連ねることとなりました。経緯を知れば、商魂たくましい日本の市場が生み出したと、皮肉な目で見てしまう方もおられるでしょう。しかし、ご本人にとってはお祝いされることは何回あってもうれしいもの。また、身近な方や親しい方にとっても、改めて笑顔の交流ができるきっかけともなるでしょう。とにもかくにも、大切なのはお祝いをされる心。そのふさわしいかたちをいろいろ考えてみるのも良いものです。


-緑寿のお祝いは-
緑寿のお祝いのキーワードは、その名称が表す通り緑色です。心理学的にいえば緑色は精神の安定を表す色。また、調和やいやしなどを表す色です。心身に疲れがあるときなどは無意識に緑色に目が行くと言われています。ですから、色をキーワードに選ぶならグリーン系のものがおすすめ。また、「緑寿の由来」でもご紹介していますが、「緑寿」の緑は地球の自然環境をイメージする「緑」でもありますから、エコ思想に基づいたプレゼント選びというのも一案。さらに、観葉植物のプレゼントや記念植樹なども、「緑寿」ならではのお祝いとして意義深いものがあるでしょう。


-緑寿祝いのメッセージ-
還暦と並んで仕事を定年退職される時期の方が多い「緑寿」。お孫さんも成長され、公私ともの落ち着ついた日々を手にされていることでしょう。しかし、長寿、高齢という実感にはまだ早く、体力的にもまだまだお元気のはず。お祝いをされる場合には、その辺のバランスを上手に考えることが大切。その考え方をご紹介しましょう。

【ご本人のメッセージ】
●昔を振り返るには早く、むしろこれから語りたい年齢。今後に向けての意気込みや目標などを元気に語りましょう。
●定年退職をされるなど、環境に変化がある場合はその感想を述べるのも一案。
●年賀状や暑中見舞いなど環境の変化のご報告や心境を加えましょう。
●まだまだ一般に馴染みの少ない「緑寿」。その意義をご自分のお気持ちと交えてお知らせするのも良いでしょう。

【お祝いをされる方のメッセージ】
●緑寿を迎えられたご本人と、お祝いをされる方に関する思い出やエピソードを軸にして、これまでの感謝を伝えましょう。
●緑寿を迎えられた方の功績を語ることも、来し方を称える意味で大切です。
●健康への気遣いを忘れずに。これは、正式な場合でも内輪の場合でも重要です。 
●「緑寿」を迎えられるご本人がその意義をご存じなかった場合には、ぜひ、お知らせしてさしあげましょう。


-緑寿祝いの熨斗は-
緑寿を含め、長寿祝いの熨斗はつねに紅白、あるいは金銀の蝶結びのものを使います。この時に気をつけたいのは、結婚式と同じ「結び切り」を選ばないようにすること。66歳という年は人生にたった一度きりしかないとはいえ、長寿のお祝いはこれから何度も続くように…と考えれば間違えないで済みます。
また最近は、カラフルで華やかな金包みも豊富にありますから、親しい間柄ではそうしたものを選ぶのも楽しいものです。いずれにせよ、右肩に「折のし」と「のしあわび(黄色の紙)」がついているもの(=結びきり)を選んでください。(※金包みによっては、折のしが省略されているものがありますが、それも問題ありません)。

【表書きについて】
●緑寿御祝い●祝 緑寿●寿●賀寿祝い
喜寿祝いの表書きは上記が一般的です。熨斗に長い言葉を書き込むことは、見た目に美しくないし、礼にも反しますから、上記のうちのどれかを選ぶほうが良いでしょう。